選択されているタグ : イソトマ

タグを絞り込む : アジュガ カンナ コスモス シマトネリコ トレニア ヒマワリ プルーン ペンタス マリーゴールド モスバーベナ ランタナ レンゲ 和庭花壇 育苗

今日は雨


リビング前花壇のイソトマに蕾がたくさん付いていました。イソトマって夏を超えたら来年も咲くのかな?と思って調べたら


有毒植物で液汁が目に入ると失明すると言われる。花言葉も「猛毒」。半耐寒性の多年草であるが、2年目からは花つきが悪くなるので、園芸上は一年草扱いとするのが普通である。

とあり、有毒なのね!そしてイソトマってローレンティアのことだったのね!と初めて知りました。ネット便利。冬の植替えで邪魔なら抜いてしまおう。



ネットはピンポイントで何でも検索できて便利だけど、昔園芸の勉強をした頃は、500ページくらいある花づくり大百科っていう本を読んで、興味なかった種類の花も一気に全部覚えたので、今ムダ知識がやたらあり、どんな花でも多少は育てていけるんだと思うのですよね。

私はわりと辞典的な書物が好きなんだけど、そういうの読む子減りましたよね。小中学生の時に図書館に入り浸る子でないと読まなさそうだし。自分の昔を振り返ると、小学5年生くらいから児童館的なところの図書室でやたら本ばかり読んでた記憶があるけど(図書館は小学生には遠かった)うちの子どもらは小学生の時は外であそぶかゲームって感じ……。国語力がつかないのもわかります……。


それはさておき、10月にがんばった開墾作業にめどが付きました。あとは夏物が終わったら育った苗と球根の植え付けをするだけです。今年は外勤に出られなかったので、気分転換に介護の合間に庭の大改造をして、雑草だらけだったところが小奇麗になりました。まだ草の種や根が残っているので、来年も雑草だらけにはなるでしょうが、一度深く耕した土地は草取りもラクなので何年かは綺麗な状態を維持できるでしょう。

あと、レンガ花壇かメイン花壇のあたりにトネリコが一本欲しいと思っています。景観づくりと夏場の日陰づくりのために。

メイン花壇の花を全部抜いたときに植えます。リビングからの眺めを重視して配置したいですね。


スポンサーリンク

プロフィール

HarryRin

名古屋で雑貨を作り、販売しています。 いつか手元にあったような、記憶から取り出したような、懐かしい家族や友人が持っていたようなものを作っています。 ガーデンブログは雑草駆除、開墾が主なテーマです。

ハリー

ハリー 2015年1月末生まれ 手足が長いやんちゃな男の子


リン

リン 2015年7月末生まれ マンチカンミックス 苦労を知らないお嬢さん


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ