選択されているタグ : スノーフレーク , 造園計画

タグを絞り込む : アルテルナンテラ コスモス コリウス サントリナ チェリーセージ デュランタ ニゲラ ハナビシソウ パンジー リナリア 育苗

排水チェック


昔買ったコンクリートの溝を、結局うまく使えずにあっちに持って行ったり、こっちに持って行ったりしてるのですが、今はリビング前にあります。大雨の時に家の方に水が来ないようにするためですが、こういうのって傾斜の付け方が難しく、石ころ排水路のほうが早く流れて行ってくれるんじゃないかと思うことがあります……。

ところで、こんな家の基礎近くに、排水最終路みたいなのがあって大丈夫なんでしょうか。ホントなら軒下の雨がおちるところに作るべきだよね。ハウスメーカーのうちはもっと軒下が短いけれど……。飛び石があるから仕方ないか。w


スポンサーリンク

球根移植


和庭と開墾地の境目の雑草地帯が数年前までありまして、そこを何とかしたいと思い、とりあえず、有り余るスノーフレークとゴスンアヤメを植えたのですが、それなりになんとかなってきたので、再度掘り起こし、雑草の根を分別し、球根を新しくできたレンガ花壇に移植しました。

スノーフレークは花も可愛らしくていいですが、なにより、初夏に葉が茂り、雑草の増殖を抑えてくれるのが嬉しいです。梅雨時にその葉がナメクジハウスになるのには閉口しますがナメクジは雑草よりマシです。


スポンサーリンク

春花壇用意


昨日、近所の花屋さんを通りかかったら、一袋100円苗が出ていたので買ってきました。300円分。1袋4つのうち、3つはパンジーかビオラだと思うけど、あとのひとつは育てたことのないサントリナというラベルが付いていました。 ハーブ サントリナの育て方によると、半耐寒の宿根草のようです。

日当たりが良く、乾燥してあまり肥沃でない土を好みます。夏の高温多湿には弱いので、水の与えすぎに注意し、乾燥気味に育てます。

とあるので、メイン花壇に植えてはいけませんね。この手のものを植えるのは、4本のミモザの間の第3開墾地がいいのですが、どうも通路として必要っぽいんですよね。庭ができてくると。

鉢で育てて冬は軒下に置こうかな。夏は鉢のまま花壇においてもいい。

うちの庭はこんな感じで植物が増えているのです。


スポンサーリンク

プロフィール

HarryRin

名古屋で雑貨を作り、販売しています。 いつか手元にあったような、記憶から取り出したような、懐かしい家族や友人が持っていたようなものを作っています。 ガーデンブログは雑草駆除、開墾が主なテーマです。

ハリー

ハリー 2015年1月末生まれ 手足が長いやんちゃな男の子


リン

リン 2015年7月末生まれ マンチカンミックス 苦労を知らないお嬢さん


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ