このひとにこのテーマ

サンタさんの手下さんから

子どもたちからの「お願い」を受け取るのはサンタさん。サンタさんの命令でお手伝いをするのがサンタの「手下」です。原の「夢文庫ピコット」店長さんは手下の仕事を手掛けて25年。いろんな要望に応えてきました。新たなサンタさん向けにアドバイスをいただきました。


まだ赤ちゃんですが、どうしたらいいでしょうか。

 初めてのクリスマス、赤ちゃんが「今」楽しめるおもちゃをプレゼントするなら「さわって気持ちが良いもの」を。赤ちゃん時期の遊びの基本は「さわる」「くりかえす」です。素材、色、形が心地よくて、赤ちゃんの横に置いてもいいなと思えるもの、センスが良いと思うもの、が良いのでは。

せっかくだから長く使える良いもの、がいいのですが。

 少し大きくなると子どもの遊びは「構築(つくる)」「模倣(まねる)」の大きく二つに分かれます。「構築」は積み木やお絵かきなど。「模倣」はいわゆるごっこ遊び、ままごとやのりものです。ですから、その遊びの基本となるものを揃えると良いでしょう。一度にセットを全部揃える必要はありません。少しずつ、毎年買い足していけばいいんです。となると、流行に左右されないスタンダードなデザインのもの・メーカーが違っても質感やセンスが似通ったものの方が揃えやすいですね。そういう意味で、木のおもちゃはシンプルで、色もナチュラルで揃えやすいですよ。

具体的には何がありますか?

1)積み木の基本セット(構築)

まずは立方体と直方体のみのセットを。円柱やアーチ型、板は始めに使うのが難しいです。次に買い足していけるように基尺(規準となる長さ)を揃えて作ってあるシリーズのものを選ぶと、積みやすいです。例:WAKU-BLOCK45 22050円

2)ままごと(模倣)

まずは「まぜる・うつす」作業ができるものを。
例:木製おちゃわん(大)580円、(小)460円、チェーンリング210円〜、ホーローのおなべ 1950円
「切る」作業はマジックテープでくっついた果物を包丁でサクッと切るおもちゃを。
 例:フルーツ&ベジタブル 3150円
いろんな作業ができるようになれば本格的なキッチンも素敵です。
 例:キッチンテーブル 17850円

3)のりもの(模倣)

くるま派、汽車派と子どもの好みがあるようです。いろんなメーカー・キャラクターもありますので、どれとでも接続可能なものがベター。
 例;ロードシステム 6090円〜

※価格はすべて税込みです。

おばあちゃんたちが、せっかくのクリスマスだからいいものを買ってやれとお金を出してくれますが、何を選んだらいいでしょうか。

 上でご紹介したように、値段が張るおもちゃもあります。例えば「おばあちゃんからのプレゼントは毎年このシリーズのものを買い足していく」と決めてみるといいかもしれません。贈っていただいた後は、子どもが遊んでる光景や積み木であれば作った作品を写真に撮って、お礼状と一緒に送りましょうね。

手下からのメッセージ

 良質なもの・知的なもの…と考えすぎて肩に力をいれて選ぶ必要はありません。生活の中でさわって、遊んでいくものですから、その家のセンスとか価値観とかを大事にして選べばいいんです。流行や宣伝にまどわされず自分の感性で選んで欲しいですね。そして、絵本もおもちゃも、子どもに渡しておしまい、ではなくて、大人も一緒に遊んで楽しんでほしい、と手下は願っています。
 積み木を1,2個違う形に積んでみたり、線路に一つ積み木を置いて「大変だ、脱線するよ」と刺激を与えてみたり。いっしょに遊んだことこそが、サンタさんから子どもへの最大のプレゼントになればいいなあ、と思っています。

ps. ご用心!

 「サンタさんには何でも好きなものが頼めるんだよ」と子どもに言うのはご用心。ちょっと大きくなると子どもは「何」を言わなかったり、とてつもないもの(例:くじら)を頼んだりすることがあります。
 「お願いしたものがくるかどうかはわからないよ。サンタさんはあなたに一番いいものを選んでくれるからね。」と言うのはどうでしょう?…そして、いつかサンタさんの話が終わるときに、その終わり方が互いに無残な形にならないよう、いい終わり方を考えて欲しいのです。
 子どもに幸せな時間を過ごして欲しいと大人が願ってこれたこと、空想の世界を子どもが長いあいだ楽しんでこられたこと、それがサンタさんからの一番の贈り物のはずですから。

おもちゃの選び方 08年12月号


夢文庫ピコット 原1-1616 水曜定休(但し12月は無休) http://www.pikot.com/
手下の話はこちらから⇒ブログ http://www.gakuenblog.com/pikot/profile/

このひとにこのテーマ