このひとにこのテーマ

学生として関わって…

名古屋女子大学児童教育学科4年 中村 真以子
2008年4月号


私は大学で保育について学び、卒業論文の関係でにこにこ広場や天白おやこ子育て広場、児童館など天白区の子育て支援活動に参加させていただきました。

最初は、子どもと遊ぶ気持ちが強かったけれども、何度も参加しているうちに、私のことを覚えていてくれるお母さんや、子どものことについて笑顔で話をしているお母さんなどがいらっしゃって、お母さんとお話しすることが楽しみとなりました。

私は「人の笑い合う姿」がすごく好きです。活動中、親子での笑い合いがたくさんありました。それと同じくらい、母親同士やスタッフとの笑い合う姿が見ることができました。当たり前のことだと思われるかもしれませんが、子育て支援では、親子がいるだけでは成り立たず、スタッフが企画をしているだけでは成り立たちません。様々な人の存在があるからこそ、笑顔が生まれ、互いに「ありがとう」という感謝の気持ちをもつことができるだろうと思いました。周りには人がいて、一人ひとりの存在のありがたさを感じました。

学生として参加し、人との「ふれあい」や「つながり」を多く感じ、広場での交流の大切さも知り、すごく素敵な時間を過ごすことができました。

今年の4月から北名古屋市の保育職に採用され、保育園で働きます。これからは保育士として「人の笑顔」、「人の輪」を大切にしながら、保育をしていきたいと思います。親子の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!
08年4月号


このひとにこのテーマ