ママのちからこぶweb

ママのちからこぶ★

 息子が保育園へ通いだして1年が経ちました。

 思い返してみると、3月。入園前は、別れ際に泣かれたらどうしようというのが最大の心配事でした。そして4月の慣らし保育。我が家の場合、泣いたのは最初の1日だけ。それ以降はニコニコしながらバイバイと手を振って見送ってくれました。他の子はギャン泣きの子ばかりだったので、「うちの子すごいな!」と感心していました。

 しかし、慣らし保育も終わって、4月も半ばを過ぎてから息子の様子に変化が…。熱を出したのです。入園前は体調を崩す事がほとんどなかったので、「あぁ、これが世にいう"保育園の洗礼"ね」と思いました。集団生活を送ると、どうしても風邪などはもらってしまいます。小児科では風邪と診断されました。しかし、体調はなかなか回復しません。熱が下がったかなと思ったら、また翌日体調が悪化。結局、1週間ほど保育園を休みました。復職して間もない事もあり、仕事を休みづらく、この間ずっと病児保育のお世話になりました。そして私のお財布の中身がどんどん空っぽに…涙。

 病児保育では元気に過ごしていて、昼食も完食したそうなのですが、帰宅すると家ではぐったりしていました。「もしかして病児保育で無理して張り切ってるのかな?」と思い始めたのが保育園を1週間休んでから。

 そこで思い切って年休を取って自宅で息子の看病をする事にしました。すると、1日で熱が下がり、翌日には元気に。念の為2日目も大事をとって休み、3日目から無事、登園する事ができました。すでに4月も終わろうとしていました。

 保育園でも病児保育でも、気疲れしてたのかも…それで体調を崩したのかもしれません。「泣かないから大丈夫」という訳ではないんだな…と息子に対して申し訳なくなりました。それ以来、息子が無理をしてないか、きちんと観察する様になりました。

 そのままゴールデンウィークに突入し、やれやれと思ったのも束の間、5月にはまた体調を崩して1週間休んだんですけどね…涙。1ヶ月単位で体調を崩すパターンがなくなったのは、7月になってからでした。これで息子の免疫力もアップしたと思いたいです…。


ママのちからこぶweb