ママのちからこぶweb

ママのちからこぶ★

 熱は下がったけど大事をとってあと1日、園をお休みさせるときってありますよね。子どもは元気なのですが、公園や児童館へ連れて行く訳にはいきません。家の中で一日、遊ぶことになります。
 わが家は基本的にテレビ・スマホは最終手段としているので、それに頼らず楽しめる方法を模索しています。雨の日のお家遊びにも使えると思いますよ。

1.お絵描き
 普通の画用紙だとおもしろくないので、模造紙(B紙)を使ってお絵描きします。床に広げたり、壁に貼り付けて、お絵描きしてもらいます。普段とは違う、大きなサイズに大はしゃぎします。模造紙、クレヨンは100円ショップで調達できます。

2.シール貼り
 模造紙に自由にシールを貼ってもらいます。クレヨンだと口に入れたり、はみ出して描きそうで心配な子なら、シールだとまだましかな?

3.粘土遊び
 100円ショップでも調達できますが、私のおすすめは自家製小麦粉粘土です。万が一口に入れても大丈夫。小麦粉アレルギーの場合は米粉で代用できるそう。小麦粉と水を3:1の割合で混ぜます。そこに塩と油を少々入れたら完成!粘土遊びは最初に親が色々作って見本を見せると、子どもも興味を持って創作しだすような気がします。

4.お菓子作り
 クッキーやホットケーキなど、簡単にできるものを作ります。材料を混ぜ合わせたり、型抜きしたり、焼いてみたり…。ただ、小麦粉等の粉類が台所に結構散らばるので、綺麗好きな方には向いてないかも^^;でも一緒に作ると、子どもの意外な一面が見られたりしておもしろいですよ。

5.絵の具遊び
 床に新聞紙をたくさん敷き詰め、その上に模造紙を広げます。水彩絵の具を子どもの手につけてペインティングしていきます。親も子も汚れても良い服装で…。といっても、部屋が想定以上に汚れそうで、まだ心理的ハードルが高くてわが家はやったことがないのですが、やると相当おもしろいそうです。

6.布団遊び
 敷布団や掛け布団を積み上げると、子どもは大はしゃぎでその山をめざして登ったりします。ちょっとした運動にもなります。椅子の間に毛布をかぶせて、テント風にしてやると、その中に嬉しそうに入っていきます。

7.風船遊び
 風船をたくさんふくらませて、ボールプール風な雰囲気を出します。100円ショップで風船も風船を膨らませる器具も売ってるので、それを利用します。子どもは大喜びですが、風船をふくらませる親は結構体力使います。

2018年6月号


ママのちからこぶweb