ママのちからこぶweb

ママのちからこぶ★

 上の子は小さめで生まれ、そのまま細め体型で大きくなりました。下の子は大きく生まれ、ぽっちゃり系に成長していきました。上の子とは違う状況に、いろいろ直面しました。

【だっこひも】 
 上の子の送迎などがあるので、首が据わる前から外に連れ出さなくてはなりません。上の子が使っていた新生児から使えるだっこひもをそのまま使おうと思っていましたが、生後3ヶ月まで使用する必要のあるライナーを装着すると、体が収まらない!改良型だと多少余裕があるそうなのですが、短期間だし改めて購入するのも…と思い、断念。スリングを使うことにしました。最初は快適に使用していましたが、子どもの体重が重くなるにつれ、辛くなってきました。スリングの連続使用は2時間までという目安なのですが、もう1時間くらいでワタシの背中が悲鳴をあげます。上の子の時はこんなことは全然なくて、余裕でいろいろお出かけしてたのに…。体重が重いと「長時間でもラクラク」とうたってあるだっこひもでも辛いことがわかりました。よく「使用感には個人差があります」と書いてありますが、これはママの感じ方というよりも赤ちゃんの体格差によるところが大きいのでは…と今更気づきました。子育てグッズの情報収集は、同じような体格の子どもを持つママに聞くのが良さそうです。

【服】 
 下の子は、あっという間に新生児サイズの服が着れなくなりました(涙。上の子のお下がりの、つなぎタイプのベビー服もすぐに着れなくなり、上下分かれた服を早い段階から着ることに。なんだかベビーっぽく見えない…。出産祝いのレッグウォーマーは、足が太過ぎてはけず…。ハイハイし始める頃には身長も伸びてスリムになると思うので、それまでお預けかな。

【ソフトタイプのベビーソファ】 
 上の子のときに重宝していたので、下の子もと思ったのに、太ももが太過ぎて収まりませんでした!押し込めば入るけど、窮屈で嫌がるので、使えません…。

【寝返り】 
 体が重いせいか、なかなか寝返りしませんでした。平均より少し遅いくらいだと思います。第2子になると「ゆっくり成長して良いよ。まだまだ赤ちゃんのままでいてね」という寛大な心が生まれるので、全く気になりませんでした。経験値があるので、気持ちは楽です。でも上の子のときだったら、きっと焦っていたでしょうね。やはり第1子は未知なことだらけなので、最初の子育てはとてもしんどいと思います。

【体のシワ】 
 上の子が産まれたときは「しわしわのエイリアンみたいな顔立ち」と思った(上の子には内緒です!)のですが、下の子はつるんとしていました。6ヶ月頃には丸々と太って、ちぎりパンの様に線が入った腕、クリームパンの様な丸々とした手、太ももは真ん中に線が入ってました。上の子は、ちぎりパンやクリームパンはもちろん、太ももの線すら無縁だったので感動しました!

 2人目を産んで、体重差でこんなに違いがあるのかと驚きました。知らなかった世界が色々見えてきた感じです。とはいえ、2人産んでもまだ、子育ての世界はわからないことだらけです。

2019年6月号


ママのちからこぶweb