ママのちからこぶweb

ママのちからこぶ★

 下の子が離乳食の時期を迎えました。上の子の離乳食はつらかった記憶しかないので、下の子の離乳食に気乗りしません…。

 上の子は少食で、離乳食をほとんど食べませんでした。私は割と料理が好きな方なので、離乳食を作るのは苦ではありませんでした。お米からお粥を作ったり、手で裏ごししたり…冷凍すると味が落ちるのが嫌で、毎日離乳食を作っていました。かなり時間をかけていた記憶があります。市販の離乳食はおいしくなさそうな匂いがして、最終手段としての利用に留めました。でもそんな努力を子どもは知る由もありません。数口食べたら、すぐご馳走様して、遊びに行ってしまいます。調理時間がかかる割に食べてもらえないので、作るモチベーションが段々と落ちていきました。かといって何もあげない訳にはいかないので、食べてくれる物だけを作る様になりました。「色々な食材を与えて、味覚を育てよう」という言葉を育児書やネットで見る度、罪悪感を感じました。専門の方に相談したら「あなたの最初の与え方が良くなかったのでは?」と言われ、ショックを受けました。また、某離乳食相談会で「離乳食を食べ過ぎて困る」という相談をしていたママがいて「うらやましい悩みだなあ…食べてくれるんだからいいじゃないの」と心の中で悪態を吐いていました。

 そして、下の子の離乳食が始まりました。前回の反省を生かし、ブレンダーを導入、離乳食を作り置きして冷凍することにしました。市販の離乳食をストックしておき、時間がなくて作り置きできなかった時はそれをあげることにしました。上の子がいるので、前回の様に時間がかけられないという理由もありますが、何より時間をかけて作っても食べてくれないのはつらいからです。

 しかし、予想外の出来事が起こりました。初回から驚く程の食欲で、お粥をペロリと完食したのです!毎回完食で、日によっては足りなくて怒ることもあります。こんなに食べてもらえると、離乳食の作り甲斐があります。作り甲斐はあるのですが…底なし沼の食欲が逆に悩みのタネになりました。育児書に書かれている目安量より遥かにたくさん食べているけど、大丈夫だろうか?そしてなかなか終わらない離乳食の時間…。下の子につきっきりで食事補助するので、私が食事をする時間があまり確保できません。朝は上の子を保育園へ送る時間が迫っているし、夜は早く入浴して寝かしつけしないといけません。自分の食事を食べ逃すこともままあります。食欲旺盛な子も悩みが深いのだと今更、気づきました。

 タイプの違う子を育てて分かったのは、作り置きや市販品を使って時短しても好き嫌いにはならないことと、子どもの食欲は個人差があるということでしょうか。離乳食を食べないのは、親の用意する離乳食が原因の場合もあるけど、子どもの個性も要因の一つだと思います。それを上の子の離乳食で悩んでいた私に、伝えてあげたかったなぁと思います。

2019年8月号


ママのちからこぶweb