ママのちからこぶweb

ママのちからこぶ★

 私が幼稚園の頃、スカートめくりをされたことをいまだに覚えています。その時はイタズラされたという軽い認識でした。大人がスカートめくりをすると、強制わいせつ罪という犯罪になります。幼稚園児は14歳未満なので、刑法の対象外になり罰せられることはありません。とはいえ、犯罪となりうる行為を幼いからといって許容してはいけないと、今は思います。私は将来男の子を生んだら、性犯罪の加害者にさせないと強く心に誓っていました。そして、念願叶って(?)男児を出産しました。出産後、男の子が性被害にあうニュースをよく耳にするようになりました。愛知県内でもここ数年だけで色々な事件がありましたよね。加害者にも被害者にもさせないような教育の必要性を感じます。自分の体が大切であることを理解してほしい。そして、他人の体も等しく大事にしてほしいと思います。

 わが家でできる性教育としてまず、自分の体の扱い方を知るべく、2歳くらいからおちんちんの洗い方を夫に指南してもらいました。それ以来、自分で洗うのが習慣になっています。おちんちんの悩みは夫に相談するようになっています。一方、下の子(女の子)は、お風呂に入っているときに兄のおちんちんを引っ張るようになりました。下の子はまだ1歳なので、よく分からずに興味本位で触っているみたいです。その時、下の子には「大事なところだから引っ張らない」、息子へは「大事なところだから、人に触らせてはいけない」と伝えています。下の子はよく触りにくるので、私が何度も繰り返し伝えるせいか、息子もこの言葉を暗記したみたいです(笑)。

 最近は子どもだけでなく、夫への性教育の必要性も感じます。私は普通に夫に生理の話をするのですが、どれだけの血液が出るのかや、生理中の体のしんどさ等を今まで知らなかったそうです。また、夫は冗談でよく子どものお尻をもむのですが、子どもがそれを真似て親戚の叔母にしてしまったことがあります…。夫にそのことを伝え、やめてもらうようにしました。夫は私に対してもそれをしてくることがありました。スキンシップの一環と誤解しているようなので、同様に止めてもらうようにしました。子どもが見てスキンシップと誤解したら困ります。私の体は私のもの。家族とはいえ他人が勝手に触ることに違和感があります。家事をしている妻が突然、夫の股間を触ったらおかしくないですか?

 性教育って、子ども以前に夫に再教育する方が重要で、子どもの性教育にもより効果的なのかも…と最近よく思います。

from editor…水着で隠れるところ+口は、ぜんぶプライベートゾーン。むやみに他人にさわらせない、たとえ親であっても…が鉄則☆おとなも覚えておこうね☆

2020年4月号


ママのちからこぶweb