PAKUっ子特集アーカイブ

天白警察署に聞いてきました!自転車の安全運転

毎日の移動や保育園や幼稚園の送迎に自転車を利用している方、これから購入しようかと考えている方も多いのでは?自転車は手軽で便利、自動車より安全だから大丈夫…いえいえ子どもを乗せて走るのですから今一度、交通ルールを確認して安全運転をしましょう。子育て中の親が知っておきたいことを、天白警察署にお話していただきました。


自転車はどこを、どう走る?


自転車は手軽な乗り物ですが、自動車と同様に交通ルールに従い安全運転を心がける義務があります。

【車道を左側通行で】
 自転車は原則、車道の左側端に沿って走ります。ただし、標識によって走ることが認められている場合や、車道を走るのが危険である場合には、歩道を走ることができます。
例:工事中や駐車車両等により、車道の左側部分を走行することが危険な場合

【歩道を走行する場合】
 歩道は歩行者優先です。やむをえず歩道を走る時は、車道寄りを徐行して通行します。歩行者のじゃまになるときは一時停止しましょう。歩行者を追い越す時は、自転車から一旦降りて、歩いて追い越ししましょう。歩行者の横をすり抜けたり、ベルを鳴らして道を譲らせるのはやめましょう。

【信号無視・一時停止違反】
 車が来ないから、ちょっとそこまでだからと信号無視
をしたり、止まれの標識があるのに一時停止せずに進行していませんか。標識がなくても交差点では徐行し、安全を確認しましょう。危険行為を繰り返すと自転車運転者講習の受講を命じられることがあります。

【スクランブル交差点では?】
 スクランブル交差点(歩車分離信号)では、歩行者信号に従って、自転車から降りて歩いて渡ります。

【一方通行を逆走してもいい?】
 住宅地によくある青地に白い矢印の標識、一方通行規制ですが、ここに「自動車・原付」という補助標識が付いている場合は、自転車は規制対象外なので、違反にはなりませんが、通行する場合は進行方向の左側端を走ることはもちろん、車は逆行を想定していないこともあるので、走るときは十分注意しましょう。

【傘をさして走ってもいい?】
 傘をさして運転するのは、片手運転になるため違反です。傘ホルダーもハンドル部分への取り付けは認められていませんし、傘が風などであおられて危険なので、使用しないでください。雨が降ったら、レインコート等を着て運転しましょう。


子どもを乗せて走る場合


【3人乗りできます。だっこ運転は危険です!】
 そもそも自転車は定員1人、二人乗りは禁止ですよね。ただし愛知県の場合、6歳未満の子どもを乗せるために安全な構造にしてある自転車(幼児2人同乗基準適合車)は、前後に幼児用座席を取り付けて3人乗りできます。普通の自転車でも、幼児用座席に座らせた子ども1人と背負い(おんぶ)の子どもを加えた3人乗りはすることができます。また、前後の座席に一人ずつ、背負いでもう1人、運転者をいれて合計4人というのは違反です。子どもを抱っこしてのハンドル操作は、危険ですのでやめましょう。
・普通の自転車
 運転者1人+前か後の幼児用座席に1人+背負い1人
・幼児2人同乗基準適合車
 運転者1人+前後の幼児用座席に1人ずつ、もしくは前後 どちらかの座席に1人+背負い1人
※運転者は16歳以上、幼児用座席は6歳未満、背負いは4歳未満に限ります。詳しくはこちらもごらんください: 
https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/jitensha/documents/tanndemu.pdf

【小学生の送迎に自転車を使える?】
 自転車に同乗できるのは6歳未満の乳幼児ですから、小学生を後部座席に乗せるのは違反となります。

【ヘルメットを着用させましょう】
 保護者は13歳未満の子どもには、運転させるときも、補助いす等に同乗させるときもヘルメットを着用させるように努めなければなりません。ヘルメットは自転車が倒れたときに頭部を守るものです。「すぐ大きくなるからもったいない」と頭のサイズに合わないものをかぶらせるのでは、いざというときにヘルメットがずれてしまうかもしれず、頭部保護の意味がありません。子どもが着用をいやがっても安全が最優先です。いやがるならその日は自転車は使わない、などの対応をしましょう。



子どもが少し大きくなったら、知っておきたいこと


【三輪車・ストライダー・キックボード等】
 保護者の付き添いで三輪車に乗る幼児は歩行者とみなされ歩道を通行できます。それ以外のストライダー(ペダルなしの自転車)やキックボード、スケートボードやエスボード等は「遊具」なので、歩道も車道も通行できません。一般に車両が出入りできるような駐車場なども、危険ですので使用しないようにしましょう。公園まで持参して、公園内で遊ばせるようにしましょう。
 OK! 三輪車に子どもを乗せ、歩道を通行して公園に行く 
 NG! ストライダーで歩道を通って公園に行く 
 NG! 友達の家にキックボードで遊びに行く
 NG! 公園の駐車場でスケートボードの練習をする
 NG! マンションの駐車場で子どもの自転車の練習をする

【子どもが自転車にのる場合】
 13歳未満の子どもは、歩道を自転車で走ることが認められています。ただし、歩道はあくまで歩行者優先です。お子さんにもしっかり指導してください。

 昨年、自転車乗用中の交通事故は全国で9万件を超えました。ルールを守り無理な運転をしなければ、事故は防ぐことができます。ましてお子さんを乗せているなら、より安全運転に務めなければ大切な人を守れませんよね。実は自宅から3キロメートル以内の生活圏内での事故が、いちばん多いのです。送迎や買い物で慣れた道だから、この交差点はいつも車がこないから…そんな気のゆるみが積み重なり、いつものように一時停止せずにつっこんでいったらある日突然、優先道路からでてきた車に出会い頭にぶつかって重大な結果を引き起こすことにもなりかねません。職務上、いろんな事故を見てきましたが、ご家族に何かあったときに平常心ではいられませんよ。お子さんの安全は保護者が守って下さい。交通ルールを守る姿勢を日頃からお子さんに見せて、お子さんが自転車に乗るようになったら正しく、きちんと伝えてください。


わが家のヒヤリ、ハッと!


「坂の途中の店に、ちょっとだけと思って子どもを後部座席に座らせたまま自転車を停めて入ったら、子どもが親を追いかけようと暴れて、そのまま自転車ごと倒れた。歩道側だったからまだよかったものの、車道側に倒れていたら…。」

「子どもが自転車に乗って下り坂の途中の信号のない交差点で「止まれ」を無視してそのままのスピードでつっこんだら出会い頭に車にぶつかって、ふっとんだ。幸い打撲ですみましたが…。」


実際にあった事故


「女性が自転車に乗っていたところ転倒し、抱っこひもで前に抱えていた次男(1)が頭などを打ち、病院に運ばれたが約6時間後に死亡した。女性は保育園に預けるため、次男を前に抱え、電動自転車の前部のいすに長男(2)を乗せて、自宅から30メートルほど走ったところで転倒した。自転車のハンドル周辺にさげていた傘の先が前輪に巻き込まれ、バランスを崩した可能性があるという。長男にけがはなかった。」(朝日新聞2018.7.6より)
…痛ましい事故として話題になりました。子どもはおんぶするか、座席に座らせてヘルメットをかぶせシートベルトを締める、長い傘は自転車のときは持たないなど、日頃の心がけが大事だと気づかされる事故でした。


自転車保険ついて


昨年10月より、名古屋市では自転車損害賠償保険等への加入が条例で義務となりました。自転車事故で相手方を死傷させた場合に、高額な損害賠償を命じる判決が相次いでいます。子どもが起こした事故は保護者が賠償責任を負います。自動車保険や火災保険の特約等で付帯していることもありますので、まずは加入している保険を確認し、そうでなければ自転車にのる家族全員分、保険に加入しましょう。詳しくは「名古屋市 自転車条例 保険」で検索!http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000091461.html


子ども乗せ三人乗り自転車の貸し出し


平成23年度まで名古屋市の事業がありましたが、今はNPO法人が引き継いでいます。申し込み方法、料金などの詳細は下記をごらんください。電動タイプは抽選必至!
NPO法人ふくクル http://fuku-kulu.org/


2019年1月号 自転車 交通 安全


PAKUっ子特集アーカイブ