PAKUっ子特集アーカイブ

平成から令和にかけて、やっておきたい、行ってみたい10のリスト

 2019年限定スペシャルの10連休…連休中でなくてもこの時期に、やっておきたい、行ってみたいところをご提案。


1)冬物をしまう


 サクラが咲いても寒かった今年。しまいそびれた冬物や布団を、今こそ片付けましょう。
小さくなった子どもの服はリサイクルに回せるように、まとめておきましょう。園や地域のバザーがなければ、10月の「福祉区民のつどい」で子ども用品の無料リサイクル会をやるので、天白子ネットに寄付して頂けるとありがたいです。


2)大掃除と断捨離


 窓を全開にして掃除できる季節です。いつかはやらなきゃならないのだから、連休の1日にやってしまおう。そして、いつか使う日のために…と取っておいたものを、思い切って処分。平成のモノは平成のうちに、片付けちゃいましょう。

3)夏の準備をする

 5月に入ると30度近くまで気温が上がる日もあります。去年、子どもに着せた服はきっと小さくなってるから、早めに夏物を購入しておきましょう。熱中症対策も始めましょう。とくに、車の中が急に暑くなりますから、寝ているからとか、ちょっとだけだからといって、子どもを車内に置いていかないように…。


4)水遊びの準備をする


 暑くなってくると、水遊びの季節。水遊びデビューの子は、水遊び用紙パンツや水着の用意を。帽子やラッシュガードもいりますね。おむつが取れた子は公共プールもOKだから、ママの水着も準備しようね。


5)プランターに夏野菜を植える


 子どもと一緒にミニトマトやピーマン、ハーブなど植えましょう。自分で育てた野菜を食べるってステキな体験。「取ってそのまま食べられる実」がなる木、ジューンベリーやブラックベリーを植えるのもオススメです!


6)外で遊ぶ!


 寒い冬も、花粉の春も過ぎ、外遊びに最高な初夏がやってきました!とにかく外でいっぱい遊んでおきましょう!夏休みに行ってみたいと思っている屋外スポットも、今のうちに出かける方が、酷暑で悩まされなくて快適です。天白周辺には大きな公園がたくさんあります、ひとつずつ探検するだけで10日かかるかも!?


7)子どもといっしょにランチ作り


 時間に余裕がある休日ならではの楽しみ方です。いつもはやらせてもらえないことをするだけで、子どもはうきうき♪

1歳には…手づかみ食べビュッフェ。自分で選んで、自分で食べられるように。
2歳には…myどんぶり。白いご飯をお皿に用意し、トッピングは好きなものを好きなだけ、自由に選べるように。
3歳には…ゆで卵の殻をむかせて、フォークでつぶして、たまごサンドイッチ。
4歳と一緒に…ホットプレートで、紫キャベツ入りの焼きそばを作って、最後にレモン汁をかけて魔女のランチタイムごっこ。作る楽しさ&科学遊び!



「魔女の焼きそば」
☆材料☆
・紫キャベツ
・焼そばのめん(かんすいが使われているもの)
・豚肉
・塩コショウ
・レモン汁or酢

1)紫キャベツと豚肉を適当な大きさに切る
2)紫キャベツと豚肉をフライパンにいれる
  キャベツと豚肉に水を加えて蒸し焼きにする
3)キャベツの色が水にうつったら麺を入れてほぐす
  お好みで塩コショウで味付け
  ↑青が出来上がり
4)3)の焼そばにレモン汁or酢をかければピンクが出来上がり

焼そばにソースをかけるといつもの焼そばに戻ります


8)生活リズムの見直し会議


 新年度が始まって1ヶ月。この間の生活リズムに無理がなかったか、家族のスケジュールを見直してみます。中心に考えるのは、子どもの睡眠時間。10ヶ月~2歳の子どもは、夜間の睡眠時間を10時間程度確保するのが基本です。朝7時に起きるには、夜9時に就寝…そのためにお迎えは何時迄にするか、帰宅後の夕食、お風呂、家事、子どもの世話がワンオペでできるのか、パパの帰宅は何時?改めて調整が必要かもしれません。新しいスケジュールが決まったら、それで連休中も過ごして家族で生活リズムをつけましょう。


9)モーニング女子会


 休日で家にいるパパに子どもを預けてしばらく会ってない友だちとおしゃべり会。モーニングの方が集まりやすいかも。


10)パパ子旅


 パパと子どもだけでお出かけする、っていう日を半日でもいいから、やってみませんか?遠くのレジャースポットに行かなくたっていいんです。コンビニ弁当を持って公園、新幹線を見に行く、鶴舞線が地上にでるところを体験しに行く、ハウジングセンターにキャラクターショーを見に行く…等々。

 家族メンバーそれぞれで、やりたいto doも違うでしょうが、家族で小さなto doをすり合わせておいて、少しでもできたらOK!にして、達成感を味わえば、「なんとなくのんびりしちゃって、なんにもしてない~」「お出かけしたけど渋滞&大混雑でぐったり~」って思わないで済むかもしれません。充実の10連休のあとは…ママもパパも五月病に要注意…。子どもも体調崩して保育園お休みして、生活リズムもぐちゃぐちゃになるかも…それも織り込み済みで10連休を楽しみましょうか。


PAKUっ子特集アーカイブ