PAKUっ子特集アーカイブ

幼児教育・保育の無償化でどうする?どうなる?園えらび

 法律が成立し、いよいよ10月から幼児教育・保育が無償化される予定です。来春の入園を考えている方は、わが家の働き方や家計を考えながら、今までとはちょっと違う園選びをすることもあるのでは?まだはっきりとしない点もあるのですが、報道からみえることを子ネット的にプチ解説します。


「育休から復帰で1歳児に入れたいが、保育料はタダになる?」


 0〜2歳児の保育料は、住民税非課税世帯以外は従来通り、世帯年収に応じた利用料がかかります。

「今まではパートに出ても保育料が高くて諦めていたけど、無料になるなら保育園に入れて、働きたい」

 0〜2歳児の保育料は一部世帯以外は今まで通りですので、負担は変わりません。保育が必要な3歳児以上のお子さんは、保育所利用料は無償、幼稚園も利用料と預かり保育への補助が合わせて月3.7万円まで出るようになります。保育園入所が難しくても、幼稚園の預かり保育を利用しながら働くのは、今までより経済的な負担が少なくなりそうです。


「幼稚園に入れると、夏休みとかは仕事できないんじゃない?」


 天白区内の私立幼稚園には、夏休みなどの長期休み期間中でも預かり保育を実施している園がいくつもあります。時間帯、期間、定員などは各園で異なりますので、入園を検討している園にお問い合わせください。


「不定期な仕事ですが、無料で預けられるようになるの?」


 月64時間以上の労働が常態であること等、保育の必要な事由の規定を満たさない場合は通常の保育所入所の対象になりません。幼稚園は就労状況にかかわらず利用できますし、利用料に月2.57万円までの補助が出る予定ですから負担が少なくなります。名古屋市における「保育の必要な事由」はコチラ→
http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000110057.html


「認定こども園って、どうなるの?」


 認定こども園は、保育と幼児教育を一体的に行う施設として、区内には3園あります。3歳児以上の利用料は、無償になります。保育を必要とするお子さんは、区役所を通じて入所の申し込みをします。3歳児以上で保育を必要としないお子さんは、各園に直接申し込みます。定員、時間帯等は各園で異なります。


「幼稚園って、どうなるの?」


 市立幼稚園は無償になります。私立幼稚園は、利用料に月2.57万円までの補助が出る予定です。預かり保育は、保育の必要性の認定を受けない場合は、従来通り有料となります。


「インターナショナルのプレスクールとか、幼稚園じゃない幼児園とか、どうなるの?」


 天白や周辺地域には個性豊かな方針のもとで独自のプログラムを行う施設がたくさんありますが、無償化の対象外のようです。小学校とちがって、幼児期は行く施設を自由に選べます。わが家にあいそうなところがあれば、家計負担は従来通りあるものの、選択肢のひとつとして検討してみては?


「結局、保育園に入れるのかしら?」


 保育園については、天白では希望する園に入所するのが難しい状況が続いています。新設園の数などで毎年状況が変わり、先輩ママの体験が通じないことがあります。保育園を希望する場合は、入所の手続きや状況を知るため、説明会に行って情報を集め、申し込み前に第6希望までの園をすべて見学しておくことが大切です。

無償化については、詳細がまだ決定していないようです。日々の報道を追って、情報をアップデートする必要もありますし、入園説明会等で詳しく聞くと良いでしょう。

※保育案内人による保育園入所の説明会は、今後も地域子育て支援拠点等で開催される予定です。また、天白区役所2階の民生子ども課で随時、入所の相談を受け付けています。


PAKUっ子特集アーカイブ