PAKUっ子特集アーカイブ

耳鼻科のお医者さんに聞いてみました!子どもの耳、鼻、お手入れと病気

 病院に行くほどではないのかもしれないけど、気になることを聞いてみたい…天白おやこ子育て広場の相談コーナーにも協力していただいている、耳鼻咽喉科ドクター森島美歩先生にお話を伺いました。


子どもの耳掃除


 相談の中でいちばん多いのが耳掃除についてです。耳あかは個人差が大きく、耳掃除しなくても良いくらいの子もたくさんいます。耳あかがたまっても、子どもは痛くもかゆくもないです。また、完全に耳がつまる程たまれば耳栓状態となり、聞こえにくくなりますが、少しでも隙間があれば普通に聞こえます。

 日常のお手入れは、お風呂のあとに耳たぶの内側と耳の穴の入口をガーゼでちょちょっと拭いてあげる程度でもOK。気になるようでしたら、綿棒を綿の部分が入る程度につっこんで、耳の穴を掃除します。綿の部分までだったら、鼓膜に達することもありません。耳かきより綿棒を使った方がよいです。ただし耳をさわられるのをいやがらない子、おとなしく掃除させてくれる子、限定で。さわられるのがイヤな子を無理矢理押さえつけて耳掃除するのは危険です。ひざに寝かせて耳掃除をすると、とれた耳あかが耳の穴の奥に落ちてしまうこともありますから、立たせるか座らせてやるのがベター。やりすぎも禁物です。無理をすると簡単に出血しますし、血の固まりが新たに黒い耳あかになってしまいます。穴の中でぺろんとしている耳あかを無理にはがして取るのも禁物。さわらずに、自然に取れるのを待ちましょう。

 「自分では怖くて耳そうじができない」「子どもが耳をさわらせてくれない」という声もよく聞きます。また、特別な道具がないと取れない耳あかもあります。そういう時は耳鼻科を受診してください。


耳をさわる


 眠くなったときに赤ちゃんが耳をこすることがよくあります。耳が痛い?かゆい?そうではなく、ほとんどは癖のひとつです。まれに中耳炎が隠れていることもありますので、心配だったら耳鼻科に見てもらいましょう。乳児湿疹やアトピー性皮膚炎の場合は耳の下が切れて、痛かゆくてさわっていることもあります。その場合は、皮膚科に行ってください。


鼻水


 さらさらの透明な鼻水がとまらない子は、風邪ではなくてアレルギー性の鼻炎です。アレルギーは体質の問題で、検査を受けても何か治るわけではないですし、採血の負担もあります。検査するとほとんどのケースでダニやホコリに反応しますから、こまめな掃除など生活環境を整えることは、検査するしないに関わらず、症状を緩和させるために必要なことです。

 さらさらの鼻水でも、本人がつらくなって生活に支障がでるようだったら、耳鼻科か小児科(アレルギー科)を受診します。

 どろっとして、黄色や緑色の汚い鼻水は風邪です。子どもはよく鼻をたらしますが、大人と違って「気持ち悪い」感覚が鈍いようです。放っておくと中耳炎や副鼻腔炎を起こす場合もあるので、こまめに鼻水をとってあげましょう。家庭用の鼻水吸引器も吸うタイプ、電動タイプ、どちらでも使いやすいものを…といっても子どもは鼻をさわられるのは大嫌いですから、大暴れしますよね。家庭で鼻水をとるのが難しければ、耳鼻科に通って吸引してもらいましょう。症状が鼻水だけで病院に行くか迷うときには、子どもがつらくなさそうだったら様子を見てつらそうだったり寝苦しかったりすれば治療してもらいましょう。


中耳炎


 のど、鼻と耳は管でつながっています。子どもはこの管が未熟なので、のどや鼻水のばい菌が耳にまわって、中耳炎が起こりやすいのです。耳が痛い、発熱した、という場合は中耳炎を疑い、耳鼻科を受診しましょう。お子さんによっては何度も中耳炎を繰り返すケースがままあります。中耳炎を繰り返すと難聴になる?、中耳炎で鼓膜を切開したら聞こえなくなる?等、質問されますが、適切に治療すれば聞こえに影響はありません。鼓膜切開も聞こえに影響しない場所を切りますし、穴もすぐにふさがります。


言葉の遅れと難聴


 最近は、出産の入院中に新生児の聴覚スクリーニング検査をしてくれるところが多いです。先天性の難聴は1000人に1~2人くらいの割合でありますから、ぜひ受けてください。難聴であった場合、対応は早ければ早いほど良いです。

 言葉の遅れが気になる子に、まれに難聴が原因のことがあります。先天性の難聴はなくても、言葉が伸びる2歳前後の時期に慢性の滲出性(しんしゅつせい)中耳炎を起こして、聞こえにくくなっている場合があります。耳の中に水がたまる病気ですが、熱も出ず痛くもないし、子どもは耳の違和感に気づかないので何も言わず、親が知らないうちにかかっていることがあるのです。治療で改善できますから、気になったら診察してもらいましょう。


鼻血のとき


 ままずは鼻をつまんで、しばらくじっとしています。鼻の外からティッシュでつまめば、出てきた血を吸い取ってくれます。出血したところを抑えれば血は止まります。冷やしても効果はないです。下を向く必要もないです。鼻血のときには下を向くという説もあるようですが、仰向けだったり上を向いたりすると鼻血がのどにまわって飲み込んでしまって気持ちが悪いから下を向く、ということで、ふつうの姿勢にしていれば大丈夫です。止血すれば鼻栓もいりません。ムリに鼻栓をつっこんでせっかく固まった血をはがしてしまってまた出血…ということにもなりかねません。

 止血を試みても10分間以上止まらない鼻血なら、耳鼻科に行きましょう。
 一度傷がつくと完全に治るまではかさぶたが取れるなどして同じところから出血することがままあります。その場合、1週間くらい毎日のように鼻血が続くことがあります。  


魚の骨がのどにささったら


 「鮭の骨が子どもの喉にささって、ライトで照らして箸で取った」というお話を伺いました。お箸で無事に取り出せたのは、かなりのレアケース。ほとんどの人には難しいのでは。骨がささっているかもと思ったら、耳鼻科で診てもらいましょう。骨がささると大体の子はものすごく不機嫌になります。けろっとして普通に食事がとれれば、たいてい取れています。


耳鼻科の選び方


 耳鼻科はいつも混んでいて通うのが大変、鼻水吸引や吸入をいやがって子どもが大暴れ…。そういうお悩みもよく聞きます。ドクターの治療方針によっては毎日通院して吸引、吸入を指示するところもあるので、そこは慢性的に混雑しますし、特にこれから迎える花粉症の季節は、どの耳鼻科も大混雑しますよね。

 耳鼻科の選び方のひとつとして、HPをチェックして子ども用待合室があるとか、行ってみて待合室にいる患者さんの半分くらいがお子さんか等で、クリニックを選んでみては。吸引や吸入をいやがらないお子さんはいませんから、子どもの患者さんが多くて子どもの対応に慣れているドクターや看護師さんがいるクリニックの方が、気がラクですよね。「小児耳鼻咽喉科」という看板をだしているクリニックも多いです。小児耳鼻咽喉科専門医という制度があるわけではありませんが、ひとつの目安になります。


耳鼻科?小児科?


 小児科は子どもの全身状態をみるのが得意です。耳鼻科では、鼻水の吸引、鼻や喉の炎症をおさえるための吸入、耳痛への対応や耳の内部を調べることができます。いわゆる風邪症状、喉の痛み、鼻水、咳、発熱の場合、軽症なら小児科、耳鼻科どちらにかかっても良いのですが、熱や咳がメインの時は小児科、鼻水がメインのときは耳鼻科がおすすめです。


地域子育て支援拠点 にじいろ


 特集記事は、11/11(月)に平針南にある地域子育て支援拠点にじいろで行われた「耳鼻科ドクターに聞いてみよう」講座で取材させていただきました。
 にじいろは、気持ちのよい無垢の床のプレールームの他にもお弁当を食べる場、ゆったり過ごせる場もあって、眺めのよいお庭で砂遊びもできます。働くママ、パパ、プレママも来やすい日曜もオープン!ママが用事をすませている間に、パパとお子さんが遊びにくるという方もいますよ。助産師、保健師などの専門職スタッフが常駐。各種プログラムも満載です。詳細はHPで!

日・月・火・木・金 9時半~14時半(水・土・祝日、年末年始休)予約不要、無料
平針南1-2006(市バス中平四丁目バス停より徒歩2分、P4台有)Tel 807-2720
運営団体:NPO法人つながる子育てにじいろ https://www.nijiiro.nagoya/
※ 水曜日は、同じ場所で「いこいの家てんぱくにじいろ」を開催しています。詳細はこちらを参照


PAKUっ子特集アーカイブ