子育て支援

12月のママカフェ「クリスマス会」

24日はPAKUっ子発行日、そしてクリスマスイブ!30組の親子さんといっしょにクリスマス会を楽しみました。


いつものママカフェの時間に…ちびサンタがあちこちから集まりました。だっこされてるベビサンタ、ハイハイしているベビサンタ、一緒に遊んでるちびサンタ。ほほえましい光景が広がります。



奥ではママ向けにクリスマスクラフト。木片をデコレーションケーキに見立てて、思い思いにクリスマスワールドを作り上げます。パーツの組み合わせでほら、こんなにバリエーションが広がる!すごいクオリティ!!クラフト中はベビちゃんをスタッフがだっこして、ママが制作に集中できるようにしています。「ひさしぶりにこういうことした、すごい楽しかったです♡」と目を輝かせてお話してくださるママもたくさん。自分の世界を自分一人で自分のために時間を使って作り上げる…大事です。ほんのひととき、楽しんでいただけてこちらも嬉しいです。



さて、2時を過ぎてクリスマス会も佳境に入った頃…トントントン。扉の向こうから例の赤い人…じゃなくてサンタクロースが登場!最初はしーんときょとんとしていた子どもたちも、サンタさんが近づくと…ギャン泣き。はい、今年もお約束通りの光景です。


子ネットスタッフがサンタクロースにインタビューします。「サンタさんは、どこから来たの?」…あれ?トークショーみたいな妙な盛り上がりをしてしまいました。


そして、おまちかね。サンタさんからプレゼントをもらいます。ああ、いい風景。これが見たくて、毎年クリスマス会をやってるのよね。



そして、サンタさんの横に座ってはい、ポーズ。写真撮影のお手伝いは、これも毎年恒例、冬休みに入った小学生スタッフ。彼らもちょっと前は、こうやってサンタさんと記念撮影していたベビちゃんだったんですよ。



クリスマスは子どもにとっても大人になってもいくつになっても大切な行事。誰かといっしょに楽しみたい。子どもたちが喜ぶ姿を見たい。それを見てこちらもハッピーな気持ちになりたい。そんな思いもありまして、スタッフ一同、力を入れてやっています。サンタさんからのプレゼントにはスタッフの手編みグッズが入っています。サンタさんは天白区社会福祉協議会が募集したボランティアさん…の調整をしている社協で、PAKUっ子を担当してくださっている職員さんでした。ありがとうございました。

みなさん、メリークリスマス!